経営者向けコーチング


心から納得いく決断を


限られた時間、限られた情報、限られた予算。経営者は、そんな制約の中で意思決定を行うことが求められます。経営には、不確実な要素がつきものです。どんなに綿密に情報を集めても、どんなに慎重に考えても、絶対に正しい意思決定というものは、存在しません。

 

そんな中、経営者にとって大切なことは、「心から納得いく決断」を行うことです。

「迷いがふっ切れた」、「よし、これで行こう!」。こんなふうに腹が決まった時、全身がエネルギーで満たされ、挑戦する勇気が湧いてきます。どんな結果になろうと、他人や環境のせいにせず、自ら責任を取る覚悟が生まれます。そして、周囲への説得力が高まります。覚悟を決めた経営者の言葉には気迫がこもります。そんな姿に、周りは信頼感を感じ、ついていこうと思うのです。

 

心から納得いく決断を行っても、時に、失敗に終わることはあります。しかし、そんな時、反省はしても、後悔することはありません。失敗に正面から向き合い、原因を冷静に分析し、教訓を次に活かす。そして、残されたエネルギーで、次の一歩を踏み出そうという気持ちになれるのです。

 

コーチとしての私の仕事は、経営者の皆さんが、そんな心から納得いく決断を下すためのサポートをすることです。「何か、ちょっと引っかかる」。「でも、まあ、いいか」。こんな迷いや引っかかりをセッションを通じて、取り除いていきます。

 

誰しも、自分では気づいていない思考のクセがあります。幅広い視点からの質問や対話を通じて、見落としが無いか考え、視点を補います。潜在意識の中にある思いやアイデアに気づかせ、引き出すことを可能にします。言語にならない経験、思い、そして価値観を言葉にして、カタチにしていきます。

 

最大の応援者として、利害関係のない第三者の視点で、経営者が自信を持って、自分で判断することを可能にする。そんな、心から納得いく決断を支援する。これが私のコーチング・スタイルです。