CEOスピーチコンサルティング


上場企業CEO・社長秘書役・経営企画スタッフ・広報スタッフの皆様

上場企業のトップの皆様は、普段の社内スピーチやプレゼンテーションは、問題なくこなせていることと思いますが、特別なテーマでの社外講演を頼まれたり、海外で英語で話をしなけらばならないような時、お困りになることがあるのではないかと思います。

また、新しく社長に就任することになった場合には、新経営方針を打ち出すことが求められますが、ご自身の考えをまとめたり、新しいコンセプトやスローガンを考えたりする際に、一人ではなかなか頭が整理できずに悩んでしまうことがあるのではないかと思います。

その他にも、業績低迷からの脱却が求められる時や、事業の方向性を刷新する新経営ビジョンを打ち出す時、社員の意識を目覚めさせ、新しい方向に一歩踏み出すよう促すために、どのように話をするのが効果的だろうかと、考え込んでしまうことがあるのではないかと思います。

そんな時は、是非、ご相談下さい。私は1990年から2001年まで、ソニーで盛田昭夫会長と出井伸之社長の補佐役として、経団連、経済同友会、政府審議会や諮問委員会、国際会議、メディアフォーラムといった社外活動における発信から、社内における全社経営方針、事業部門へのメッセージ、採用や各種プロジェクトへのメッセージ、投資家やメディア向けメッセージなど、様々な場面でのコミュニケーションのサポートを経験してきました。また、その後もより効果的に影響力を与えるために必要な、心理学に基づくコミュニケーション技術や考え方を学び、腕を磨いて参りました。

 

直接、社長とお話することもできますし、社長を支えるスタッフの皆様を支える形でお手伝いすることも可能です。外部のアドバイザーとして、是非、ご活用いただければ幸いです。皆様のお力になれることを願っております。


オーナー企業経営者の皆様

日々、事業に全力投球をしているオーナー企業経営者の皆様は、特別なスピーチやプレゼンテーションの機会がある時にも、なかなか準備の時間が避けないことと思います。また、時間が確保できたとしても、自社の歴史やこれまでの経営の取り組みを、第三者にどう伝えれば良いのか、悩んでしまうことが多々あることと思います。

そんな時は、是非、ご相談下さい。私はこれまで、経営コンサルタントとして、数多くの中小企業をサポートしてきました。創業や事業承継の苦労、事情開拓や幹部社員育成の難しさ等、ヒト・モノ・カネが潤沢な大企業とは違う、中小企業ならではの経営の難しさを深く理解しております。皆さんの気持ちに寄り添いながら、皆さんの企業の素晴らしさを第三者の視点から引き出し、効果的に伝えることができるよう全力でサポート致します。

私のこれまでのクライアントは、「想いの発信力」を武器に、全国メディアにも取り上げられ、地方発世界に羽ばたく企業に育った企業も数多くあります。経営トップの発信力は、最大のマーケティングツールだと言っても過言ではありません。皆さんのお力になれると幸いです。


CEOスピーチコンサルティングは、スピーチ原稿、プレゼンスライドの作成から、信頼できるパートナーの力も借りながら、発声法のトレーニング、デリバリートレーニングも合わせてご提供することが可能です。日本語、英語、双方の対応が可能です。ビジネスを熟知した私が、総合プロディースを行って、経営トップの皆様の最高のスピーチ・プレゼンテーションをご支援いたします。是非、お気軽にお問い合わせ下さい。